WHY AVANTIA
AFTER STORY

田中 龍之介  2017年合格

大手監査法人にこだわるより、1年目からやりたいことを徹底してやりたいと思ったら、答えは“アヴァンティア”でした。

私は学生時代に学生起業家の友人が経営するベンチャー企業のお手伝いをしていました。そのため、IPO監査を通じてベンチャー企業の成長に貢献したいという想いがずっとありました。

就職活動では、そういった思いからIPOにどれだけ1年目から関与できるかという点を重視しました。制度設計として1年目からIPOに関与できる監査法人はたくさんありますが、実際に1年目からIPO業務に深く関与しているのは一部の法人だけでした。その中で新人教育に一番力を入れ、福利厚生が充実しているアヴァンティアを選ぶのはごく自然な流れだったような気がします。

また、将来的な働き方としても大組織の歯車としてではなく「公認会計士 田中龍之介」として仕事ができる人間になりたいと考えております。「公認会計士 田中龍之介」として仕事をするというのは、単に監査手続をマスターすることのみを意味しません。個人で仕事を行うためには、作業能力のほかに、営業能力・管理能力も兼ね備えることが求められるでしょう。残念ながらこの半年間で営業能力で成果を出すことはできませんでしたが、管理面としてはリクルート活動に積極的にコミットすることができました。単にリクルート担当としてイベントに顔を出しただけではありません。この採用情報のWebサイトも、将来的に独立開業した際にも人を採用するという経験は役立つと思い、私が作成したものです。

また、「公認監査士」ではなく「公認会計士」なのですから、監査の他にも会計や税務も含めた幅広い知識が必要になってくるでしょう。アヴァンティアは監査だけでなく、IPOやコンサルティング業務など幅広い業務に携わる機会が1年目から豊富にあります。また、単に副業を認めているだけでなく、実際に多くの先輩達が開業しており、独立志向を持った仲間たちに囲まれて仕事を行える環境にあります。

就活生の皆さまは、なぜ公認会計士を目指そうと思ったのでしょうか。なぜ公認会計士の世界に今、飛び込もうとしているのでしょうか。「社会の役に立ちたい」「社会的地位を得たい」「高収入を得たい」「専門性の高い仕事をしたい」など、様々な夢や目標を抱いているからだと思います。皆さまの夢を叶える道を探すこの旅、アヴァンティアも一度味わいに来てください。

柏原 洋之   2017年合格

将来地元で独立開業し、地元の経済を元気にしたい。そのための最短距離がアヴァンティアでした。

就活中、アヴァンティアのインターンや懇親会にも参加し、アヴァンティアのメンバーやクライアントの方から直接話を聞く中で、アヴァンティアがクライアントファーストな監査法人であることや、一人一人を大切にする監査法人であると実感し、自分に一番合っていると思い入所を決断しました。

入所してからも、チャレンジしたいことを全力でサポートしてくれる体制は、アヴァンティアを選んだ自分の意思を肯定してくれます。 監査でいえば、自分がやりたいと手を挙げれば、多少難しい内容であっても割り振ってくれますし、もちろんただ割り振るだけでなく、しっかりとやり遂げられるように丁寧に指導してくれます。また監査以外にも、IPOやコンサルティング業務に若い年次から積極的にかかわることができるところも他の法人にはあまりない魅力だと思います。

吉田 圭佑   2017年合格

就活中、会計士としての成長という観点では、アヴァンティアは群を抜いていると感じました。その思いは入所してしばらく経った今でも変わりません。

入所1年目から、上場企業、IPO準備企業含めた非上場企業、多種多様な監査業務に携わらせていただいているだけでなく、財務デューデリジェンス等、いわゆる「2項業務」も経験することができています。日々、自身の成長を感じることができ、「自分の進む道を自分で決めて走っているのだ」という満足感を得ることができています。

組織として、やりたいと手を挙げたことに対してはどんどん背中を押してくれる文化があるため、自身の成長に貪欲な人には最適な環境ではないでしょうか。

また、我々のような「適正規模」の監査法人での大きなメリットのひとつとして、早い段階で主査経験が積めることがあげられます。

短中期的には、主査として監査業務をマネジメントできるようになることがひとつの目標です。

監査の仕事では、クライアントの外部環境・内部環境含めたビジネス理解、それを踏まえての内部統制を理解し、必要があれば事業計画の評価も行うなど、マクロの視点からひとつひとつの会計処理というミクロな視点まで非常に広範な見識が求められます。

それゆえ監査はスポーツで言えば、会計士としての「体幹」を鍛えるものであり、ひとりの選手として生きていくために必須のものであると認識しています。

会計監査はつまらないといって、終了考査を終えたタイミングで、主査業務を経験する前に事業会社やコンサルティング会社に転職してしまう人もいるようですが、非常にもったいないと思います。

そのうえで、中長期的には2項業務含め業務範囲を広げてゆき、折角法人で副業が認められていますので、将来的には、何かビジネス「する」側に回ることができればと考えています。

欲を言えば、法人とシナジーを生むような仕事ができれば、もっとおもしろいですね。

杉浦 新  2017年合格

一人の「論文合格者」としてではなく、個人「杉浦 新」を評価していただけたこと。これが入所の決め手です。

私は、論文式試験後に大小様々な監査法人の説明会やイベントに参加し、最終的には3大監査法人かアヴァンティアかの選択で大変悩みました。他の中堅監査法人については、大手の縮小版という印象しかなかったので、早い段階で選択肢から除外しています。

就活中、大手には巨大な組織に属することになるという安心感を感じ、一方、アヴァンティアには規模こそ大きくないものの、個人個人が一人の会計士としてギラギラしており、そこにカッコよさを感じました。

最終的には、強引に入所を進めてくる大手とは異なり、他法人を悪く言うことなく、私の意思を尊重してくれたアヴァンティアの正々堂々とした姿勢、そして、一人の「論文合格者」としてではなく、個人「杉浦 新」を評価していただけたことが入所の決め手となりました。

大島 悠   2016年合格

アヴァンティアの雰囲気や、法人代表の人柄・考え方への共感。

私が入所を決めた理由は2つあります。

1つ目は小笠原代表の「監査法人の原点」という本を読み、代表に惚れてしまったことです。これが最も大きな理由だと思います。やはり代表の人柄や考え方が自分の思いと合致していることは、その法人に所属する上で非常に重要なことだと思います。個人的にこの本に出てくる「適正規模」という言葉が特に好きです。

2つ目は中堅の監査法人であることです。私の好きなことわざで「鶏口牛後」というものがあります。ざっくり言えば、大きな組織の末端にいるよりも小さな組織で光り輝こう!みたいな意味です。アヴァンティアにはそれを実現できる多種多様なチャンスと舞台があります。自分次第でなんでもできる監査法人であると今現在も強く感じております。

横内 篤   2016年合格

アヴァンティアは、法人の「規模」は大きくなくても「器」は非常に大きな組織です。

私の監査法人選びの中軸は、「将来独立するために、公認会計士としてのスタートを切る監査法人でどれだけ多種多様な経験を積んで成長できるか!」というものでした。

また、入所の決め手は、◎アヴァンティアでは監査をやりながらコンサルティング業務などの二項業務に携わることができること、◎常勤でありながら副業ができること、◎今もなお成長を続ける監査法人の中に身を置くことで、その法人の成長と共に、私自身も大きく成長できるのでないかと思ったことです。

入所してからある程度の月日が経ちましたが、様々な業種・規模のクライアントに関与することができ、デューデリジェンスなどの二項業務も経験いたしました。また、法人の成長を日々感じながら、刺激的な毎日を過ごすことができています。

辻本 新  2016年合格

アヴァンティアは月並みでない、稀有な監査法人だと直感しました。

私がアヴァンティアへの入手を決めた一番の理由は、『監査法人の原点』を読み、アヴァンティアの設立趣旨や法人運営に対する情熱に強く共感したからです。

そして「アヴァンティアで『原点』に書かれていることが実際にできているなら、ここに行こう!」と思いました。それを確かめるためアヴァンティアの説明会に参加し、リクルーターの方と何回もコミュニケーションをとることで、『原点』の精神は確かに根付いており、ここならば個性を残しつつも、一人前の会計士に成長できると確信いたしました。またアヴァンティアは中堅監査法人ですが、給料や福利厚生などの待遇面も他法人よりも優れていると感じたことも、入所を決めた一つの理由です。